スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

今日の本 3/31

2017/03/31



今日、らくたび編の『京都の道はややこしい 歴史と地理から読み解く謎の数々』を読み終わりました。
とても興味深い本で、気になったことをいちいちメモしていたら読み終わるのにかなり時間がかかってしまいました。
『かつては河原町通にも電線が張られており、山鉾が巡行の当日になると電線を切りに関西電力の職員が出向き、通過すると急いで電線が張られた』、『新町通と四条通の交差点の信号は折り畳み方式で、新町通から四条通に山鉾が出て行く際にはきれいによけられるように設計されている』などといった初めて知る情報には驚きました。
祇園祭がこんなにも街や暮らしに溶け込み、影響を及ぼしているんですね。
この他にも初めて知るエピソードがたくさんあったので、ぜひ実際に訪れて確かめてみたいです。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

お早うございます*

お邪魔します*

祇園祭に合わせて、電線を切ってまた敷設するのですか!? Σ(@_@)
それ以前は、事故が起きていたのでしょうね…。

歴史ある都には驚きのエピソードがありますね。

こんにちは*

ようこそ〜!
ありがとうございます。

驚きですよね。
祭に対する熱意がすごいです。
ちょうど祭の進行にタイミングを合わせて、しかも生活に影響が出ないようにするのは大変だったと思います。

通りの名前には歴史上の人物のエピソードも結構関わっていて、あの人は本当に存在していて、今自分がいるところで暮らしていたのかと思うとなんだかぞくぞくしますね。
pagetop
Profile

紫雲

Author:紫雲
こんにちは、紫雲と申します。
本と切り絵とミニチュアが大好きです。
ちなみに、好きな動物は猫。
よろしくお願いします。

FC2 Counter
読書メーター
紫雲さんの読書メーター クリックで読書メーターにジャンプします。
最近読んだ本
最近読んだ本です。 紫雲の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。