スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

行きと帰りで

2017/04/05

あまり馴染みのない場所に行くとき、いつも思うのが、行きはすごく遠く感じるのに、帰りは短い、あっと言う間のような気がするということ。
同じ道で、同じ距離だったとしても感じ方が違うんですよね。
おそらく、行きはどのくらいかかるものかはっきりとはわからなくて、「まだかな?」と何となく不安な気持ちになるからなのではないかと思うのですが、なんだか不思議だなと思います。

他の人もこのように感じるものなのかなと思い調べてみると、この現象、帰宅効果という名前がついていました。
上記の理由以外に、『人間は往路がどれくらい時間がかかるのかを少なく見積もる傾向がある。それが目的地までの道のりを長く感じさせる。』という理由もあるのだとか。(引用元)
さらに、帰宅効果にも度合いがあって、往路が長いと感じた人ほど帰宅効果が高まる(帰路はより短く感じる)ほか、事前に往路は長いと知らされていると帰宅効果が出ないそうです。
勝手な思い込みで起こっているなんて、面白い現象ですね。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

お早うございます*

お邪魔します*

地下鉄や電車、バス等で移動する時は感じないのですが
自分でクルマを運転した時は感じます。
少なく見積りしていたのですね…。 (^_^;)

こんにちは*

ようこそ〜!
ありがとうございます。

徒歩など、自分で移動するときはより感じるのかもしれませんね。
自分では少なく見積もっていたつもりはないのですが、勝手にやっていたようですねf(-。-;
pagetop
Profile

紫雲

Author:紫雲
こんにちは、紫雲と申します。
本と切り絵とミニチュアが大好きです。
ちなみに、好きな動物は猫。
よろしくお願いします。

FC2 Counter
読書メーター
紫雲さんの読書メーター クリックで読書メーターにジャンプします。
最近読んだ本
最近読んだ本です。 紫雲の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。