スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

今日の本 4/13

2017/04/13



今日、宮部みゆきさんの『鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまで』を読み終わりました。
以前読んだ『クロスファイア』の淳子が出てくるということで、読むことにした本。
想像した通り、面白かったです。
3つの中編が入っていて、どれも超能力者が出てくるのですが、超能力者というよくあるテーマながらも新しい感じがしました。
特に、『朽ちてゆくまで』に出てくるビデオテープの日付の謎が出てきたあたりは宮部さんらしくてわくわくしました。
また、単に「私は超能力を持っている」というような始まり方をするのではなく、過去を振り返っていくうちにそれに気づいたり、力が衰えているのではないかと感じるところから始まったりと、様々な切り口で描かれていくのが良かったです。
どのお話も、超能力者を特別な人として描くのではなく、ちょっと特殊な力を持ってはいるけれど、私たちとそう変わらないという感じがして、親近感を持てました。
特に、『朽ちてゆくまで』の智子のその後が知りたいです。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは*

お邪魔します*

思い入れのある人物の続編は嬉しいですよね。
中編が3つというのも。

自分では気づかないだけで、不思議な能力というものをひとは持っていると思います。(^_^)

こんにちは*

ようこそ〜!
ありがとうございます。

今読んでいる本にも以前出てきたキャラクターが登場して、また嬉しくなりました。
1冊で色々なお話を読めるのも楽しいですよね。

言ってみれば、作家さんの面白い物語を書く力も超能力のようなもので、何かのプロの方々には不思議な力を感じますね。
pagetop
Profile

紫雲

Author:紫雲
こんにちは、紫雲と申します。
本と切り絵とミニチュアが大好きです。
ちなみに、好きな動物は猫。
よろしくお願いします。

FC2 Counter
読書メーター
紫雲さんの読書メーター クリックで読書メーターにジャンプします。
最近読んだ本
最近読んだ本です。 紫雲の最近読んだ本
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。